子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

ミニマリストって

読者登録をして下さった方のブログにおじゃまして、スターを付けようとすると、ログインしろと言われる。

で、ログイン画面に進むと、edwalkでログイン中と書いてある。変なの。

気にせず、idとパスワードを入力すると、画面が変わってログインしたことになるが、そこからさっきのブログへの帰り方がわからない。

何回もやり直し、挙句に、ipad miniを再立ち上げしてと、いろいろやって、結局、そのブログに行くのは今日は諦めました。だって、何回もログインしろと言われるから。

はてなブログアプリとブラウザの両方を、その時の都合で使っているからかも知れないが、ちょっと不都合。

 

f:id:edwalk:20181124121311j:image

これ関係ない写真。どこかでサラダ記念日がよく使われていたので、つい。

 

ということで、今日は風邪熱も下がって、午後は起き上がり、歯医者に行こうかと考えております。

2日ほど、食べる量が減って、少し痩せたかもしれないと、ちょっと期待しています。

 

さて、昨日午前、家内が寝ているぼくのベッドで寝ながら見るのに都合の良い場所に、テレビを運んできてくれました。

うち、亡くなった両親が使っていたのも合わせて、テレビが余っている状態で、今のは薄くて軽いから運ぶの楽なんです。

で、これを見ろと、NHKの教育放送をつけていきました。

 

佐々木典士という人の、ミニマリストという生き方みたいなのを紹介していました。

有名な人みたいです。

毎日、自分で弁当を作って、スープジャーに味噌汁を入れて図書館に通っています。そこで執筆しているのです。

公園の芝生の上で弁当広げて、ああうまい、毎日同じ内容なんだけどとにかく美味いと食べています。

たしかに、そうかもしれません。

ぼくも、ちょっと前から、食に対するこだわりが薄れてきて、これは老化かと、少し心配してましたが、まあ、そういうのでも良いじゃ無いですか。

 

番組の後、ネットで彼の書いたブログなど読みました。

そう言えば、ほかのブログでも「ミニマリスト」という単語が目に付きます。

ぼくは、退職年金老人なので、今更ミニマリストという訳にも行かず、単なる年金節約暮しですが、30代からミニマリストというのも面白いかもしれません。

佐々木氏のアパートは、小綺麗な家具付きで家賃安い、非常に理想的なものでしたが、あんな所に住んで、自分の気にいる暮らしができる程度に稼ぎながら暮らすというのは悪く無いですね。

 

ミニマリストというのは、少ない中で豊かに暮らすと言うことなのかなと想像しました。

「豊か」の定義を改めてし直したのが、ミニマリスト

自由な暮らしで豊かに、というのは永遠のテーマです。