子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

瀬戸内 on the road 3 しまなみ海道、尾道、倉敷

10月15日 月曜日

歯がとれた

朝起きてみると曇りだったけど、後から晴れるとのことです。

ぼくは左の下の歯に部分入れ歯を入れるのですが、朝食後、入れ歯を外すと、それを引っ掛けていた歯が取れてしまいました。

本当の歯では無くて、被せ物です。

これが取れたら、入れ歯も装着できず、左下の歯がずらっと4本無い状態で、ちょっと食事がつらいです。

ま、旅先ですから、そういう事は気にせずに出発です。

 

大街道の電車通りを松山城の横まで流します。

その辺りで、カーナビに尾道と入力すると、全国的におのみちという地名が多いので、少したじろぐ。

広島県尾道を選択すると、Uターンしろとカーナビが言います。

道の中央の市内電車の線路の上をターン。

向こうから蒸気機関車のような「坊ちゃん電車」がきます。

坊ちゃんが電車に乗って道後温泉まで風呂に入りに行き、翌日教室の黒板に書かれてからかわれたのは、この市内電車ですよね。

 

しまなみ海道

どんどん車は走り、山に入って行きます。


f:id:edwalk:20181018200148j:image

f:id:edwalk:20181018200153j:image

本格的に山なので、これから海に出るのか不安になりますが、無事にしまなみ海道に入ることができました。

まだ海に出る前にある来島海峡サービスエリアに入りました。

f:id:edwalk:20181019135136j:image

 

f:id:edwalk:20181019135155j:image

今から渡るしまなみ海道

良い景色でしょ。

ついでに、今治タオルや一六タルト、ポンジュースチロルチョコを買い込みました。

 

しまなみ海道は、時速73kmで走りました。

基本、全てのパーキンエリアに止まる事にして、景色を眺めます。

良いですね、ここ走りたかったんです。

 

尾道

しまなみ海道を渡りきると、尾道です。

町の細くて古臭い道を通ります。

とりあえず駅に行ってみるかと走ると、あ、海。

f:id:edwalk:20181019135304j:image

海に面して、こんな整備がされてます。

f:id:edwalk:20181019135352j:image

 

見た目で観光客とわかる若い人たちが、リュック背負ってウロウロしてます。

一人旅も多そう。そういうところなんですね。

f:id:edwalk:20181018204815j:image

町並みも、古臭いのが売りでしょう。

f:id:edwalk:20181019135421j:image

 

f:id:edwalk:20181019135432j:image

 

 

 

倉敷、美観地区

尾道から、尾道バイパスを通って倉敷に向かいます。

距離は、あまり無いのです。

 

「美観地区」とガイドブックに書いてあり、なんだそれと思ってました。

カーナビは大原美術館と入力しました。

でも、美観地区という名称でもいけるのですね。

大原美術館は休みでした。向かいの市営の駐車場に車を入れました。

 

上手に観光地。

f:id:edwalk:20181019140204j:image

f:id:edwalk:20181019140226j:image

 

川のまわりはすごいです。

f:id:edwalk:20181019140253j:image

f:id:edwalk:20181019140313j:image

 

人力車もいます。

f:id:edwalk:20181019140503j:image

 

 

なんとなく、もう一泊ホテルに泊まろうかという話になりました。

明日、帰宅という事なら、倉敷より岡山の方が良いかなと思い、ホテルを探します。

実は、出発前の下調べで倉敷・岡山地区で、強烈に安いホテルがあったのですが、もう無くなっています。

岡山駅のすぐ近くに、2人で7200円、駐車場無料というのがあり、予約しました。

 

岡山

ぼくは岡山の桃太郎通り歩くの好きです。

一本横に入ると、ずうっと飲屋街という雰囲気が満ち溢れていて、いい感じです。

松山と同じく市内電車が風情を増してくれますね。

 

カーナビに案内されてホテルの前に着きました。

駅の広島よりの端のすぐ近くです。

もう暗くなってました。

Pと表示されたところを見ると、急勾配の坂が地下に向かっています。

かなり不安を感じる角度で、思った通り、少し腹をこすりました。

でも、無料の駐車場で、ホテルの地下、後で降ろさなかった荷物を取りに来るのも楽です。

おじさんがフロントにいる小さなホテル。

鍵をもらって部屋に行くと、だいぶ広いです。昨日のホテルよりはずっと良い部屋。

地下の駐車場には4台しか車が無かったです。空いている少し良い部屋をまわしてくれたのでしょう。

ベッドもテンピュールのマットや枕、疲れとれます。

 

岡山駅の地下街はけっこう大きいので、行ってみます。

この地下街、京都駅の地下街ポルタを思い出させます。なんとなく好きです。ぼくは岡山の雰囲気が好きなんですね。

良さそうな居酒屋があったので、夕食。

 

朝から歯がないので食事は不自由なんですが、焼き魚なら楽に食べれます。

これしか選択肢は無いです。

 

最近は、ビール生中一杯くらいで酔ってしまいます。

さっさと飲んで、さっさと食べてホテルに戻ります。

シャワー浴びて、さっさと寝ました。

 

明日は、姫路城を見に行きましょう。