子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

野球の話だけど 落合博満面白い

大坂なおみの事を書こうと思っていたら、昔の野球選手のことを思い出し、そのうち落合がセリーグに来る前のチームはロッテなんだけど、そのチーム名は何だったんだろうって考えてしまいました。

マリーンズになる前の、川崎球場でやってた頃の名前。

オリオンズ?

こんな事、自信を持てない自分が不安。

f:id:edwalk:20180910092922j:image

 

落合博満でググったら、やはりオリオンズでした。

しかし、やはりこのおっさん、知っているけど、改めて読むと、プロに入る前の話がやたら面白いね。

ウィキペディアから、ちょっと紹介します。

 

子供の頃、長嶋に憧れて野球を始めました。

秋田の高校で野球部に入ったけど、しごきが嫌で辞めて、映画を年間100本も観ていたんですって。

しかし、公式試合があると、皆んなが説得にやって来て、練習なしで試合にだけ出て四番を打ってました。

大学に進んだけど、ここでも体育会系が苦手で野球部をすぐ辞めて、大学も退学し、ボウリング場でアルバイトして、プロボウラーを目指したけれど、挫折。

 

高校の恩師が心配して、東芝の府中工場の臨時工の口を世話しました。

そして、その工場の野球チームにも加わり、大活躍。

昼間トランジスタラジオの基盤を組み立て、夕方から野球という生活を送ります。

チームも都市対抗に出場するようになり、落合はプロのドラフトにかかり3位指名でロッテに入りました。

この時、25歳。

 

その後、三年連続三冠王とか、有名になります。

ぼくなんか、野球はテレビでしか見ずに、球場に行くのも後楽園と神宮に数回だけなので、どんなに活躍して、どんなに有名でも、ロッテの選手はオールスターでしか見れません。

 

うまい具合に、ロッテ生え抜きのスター選手の有藤が、監督を引き受ける際に、落合をトレードで放り出すというのを条件にしてくれたおかげで、落合は中日に移りました。

有藤、よっぽど落合が嫌いだったんですね。 有藤に感謝。

 

巨人にシュートピッチャーの西本というのがいて、セリーグに移って来た落合に対して、シュート、シュート、シュート。意地で投げました。

内角をえぐる球。

その時、落合がパッと体を開いて、完全にピッチャーに正対して、この内角に来たシュートを打ったんです。

打球はバックスクリーンにホームラン。

これ、テレビで見ていたんですが、たまげました。

 

あの人の前世は宮本武蔵だと思います。