子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

USA12 囲碁とサンドイッチ

コベントリーのコーヒーショップには、けっこう通いました。

ジェローン以外にも碁をする人は何人かいました。

日本では知らない人と碁を打つなんてしないのですが、いろんな人と対局して、いろんな話をしたりして、これ遊びながらの英語の勉強でした。って、言い訳ぽいですね。

たまにチェスもやりました。

 

そういう人達から、パーティに誘われたりしたこともありました。

夕方、まだ明るいうちから皆集まりだして、庭に大きなスピーカーを持ち出し、ロックをガンガン鳴らし、ビールなんぞを飲みます。

そういう感じのパーティです。

全部、ぼく一人で行動してたのは、良かったなと思います。日本語使いませんから。

 

 

 あ、ちょっと話が変わりますが、コベントリーをウロウロしてて、お腹が空いて、何か食べたくなった時に、一本西の道にデリカテッセンがあったのを思い出しました。

 

店に入ると、頑丈そうなおばさんがいました。

そこらを見渡しているうちに、サンドイッチを頼むことにしました。

ハムとチーズのサンドイッチ。

おばさんは、うなずいて、成形でないハムと、大きなチーズのかたまりを冷蔵庫から取り出し、回転式の電動カッターのスィッチを入れて、どんどん削り出しました。

けっこう時間がかかるし、ぼくの注文以外のこともしているような気がしました。

お母さんに連れられて、店に入ってきた小さな子に、削ったハムを一枚やったりして、だいぶ待たされたのですよ。

ちょっとイラつきました。

どんだけ削るんだ。

 

でも、結局、その削った大量のハムとチーズは、全部二枚のパンに挟まれて、ぼくの手に渡されたのです。

これだけの量のハムとチーズが、一つのサンドイッチに投入されるのは、その時点のぼくの常識をはるかに超えていました。

これなら、これだけ時間がかかって当たり前でした。

おはさんごめんなさい。

 

サンドイッチは、すごく美味しかったのを憶えてます。