子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

USA5 アパートに引っ越す直前までのこと

寮には、雪が溶けて春になるまでいました。

何月だったのか、思い出そうとしているのですが、思い出せません。

寮を出る直前までのことを書きます。

 

寮の住み心地

ぼくのいた寮は、ELSの生徒の外国人ばかりが入っていました。

4階建だったか5階建だったか、不確かですが、一番上の階は女性専用でした。

各フロアにシャワー室とトイレが、それぞれいくつか並んでました。

フロアに一箇所、電気のレンジと流し、冷蔵庫があって、料理しようと思えば出来るようになっていました。

部屋は2人部屋です。

ベッドと机、壁掛けの本棚、大きな作り付けのクローゼットが、それぞれ2人分ずつありました。

地下にはランドリールームがありました。コインランドリーですね。

一階にリネン室があって、ベッドのシーツや枕カバーを週に一度取り替えに行きました。

という感じで、まあ決して居心地が悪い訳ではありません。

 

ある夜、ぼくの住んでいるフロアの料理可能コーナー、一応、キッチンと呼びましょうか、で、アラブ人の生徒が、大きなズン胴鍋で何かを作ってました。

匂いは、なにやら覚えのあるものです。

何作っているの?

彼は、鍋の蓋を開けてくれました。

鶏の腿がトマトと一緒に、そしてその下にトマトで赤くなったご飯が見えます。

炊き込みのチキンライス。

彼は、にっこり笑って、食べようよと誘ってくれます。

それ、ライスだろ?

違う、クスクス。

クスクスって何だ?米じゃないのか。おれは米が食いたい。

クスクスは、小麦粉から出来ているらしい。

ぼくは、泣き崩れました。嘘です。

ご飯だと思ってしまったので、ショックが大きかったです。

 

という事で、皆さんすごく優しいのですが、ご飯が食べたいという要求が強くなり、自炊するために寮を出てアパートに移ろうと決意したのです。

 

引っ越しについては後日ということで。

 

 

 

自動車運転免許証

日本人も、前回書いたTとS以外に、どこらからトランスファーしてきたのか、Kもいました。

Kもアメリカが長いのか、いろんなことを知っていました。

話しているうちに、日本でもらってきた国際免許が使いづらいという話になりました。まず、でかい。いつも持って歩くにはデカすぎる。

そして、日本語が書いてある。もちろん英語で書いてあるのですが、結構日本語書いてあります。

これ、田舎の警官が見ると、すぐに免許証だと分からなくて面倒くさいと言うのです。

それに、毎日パスポート持って歩くのも面倒なので、他にちゃんとしたIDが欲しいです。

ということで、免許証。現地の免許証。オハイオ州の免許証を取ったらいいということに。

 

どうやったのか思い出せませんが、交通法規の教科書を手に入れました。日本の自動車学校でもらうやつと同じような感じです。

それを勉強しました。

もっとも、内容は交通法規みたいなのが主で、全部きちんと読まなくても、日本のを下敷きにして、ある程度想像で正解が出そうなものです。

で、運転免許の試験を受けに行きます。

実技は、日本で免許証を持って運転していたので、問題ありません。こっちは、あの縦列駐車とかクランクとかS字カーブはありません。

ただ、試験を受けるための車は、自分で持ってくるのです!!

 

車は、クリーブランドに来た時に迎えにきてくれて、いろいろお世話になっているN氏の車をお借りしました。

ぼくは国際免許がありますから、試験場まで車を運転してきましたが、他の人はどうするんでしょうか?この時だけ無免許でも許されるのか?そんなハズ無いですよね。

今でも不思議なんですよ。

試験は問題なく受かりました。実技もペーパーも。

 

アメリカではポートレイト写真は、少し斜めを向いて撮ります。免許証用の写真もそうです。

ぼくも少し斜めを向いて撮ってもらいました。正面からのものより好きです。

出来上がった免許証は、日本のものよりも、ほんの少し小さく、ちょっとですが安物くさかった。

でも、州が発行したものですから、この免許証はパスポートに匹敵するIDとして威力を発揮してくれました。

 

 

大きなアイスクリームの玉

 

ああ、そうだ。

寮の建物の前に森みたいな土地があり、その木々の間に木造の小さな建物がありました。

その建物には看板があり、まだ不慣れなぼくにも、31アイスクリームの店だとわかりました。

どのフレーバーにしようか、注文どうしようと考える前に、ぼくは店に入って、ピーカンナッツのアイスクリームを注文しました。

店員の女の子は、ものすごく体格が良く、太い腕で、スクープと言うのですか?あのアイスクリームをすくう道具を握りしめ、ぐっと力強くアイスクリームを掘るようにしてすくい、コーンに乗せてくれました。

すごく多かった。

日本で買う時のアイスクリームの玉の5割り増し以上の大きさの玉が乗ってました。

アメリカ好きです。